転作ブロックローテーション

水田はまだ雪の中で休眠中ですが、今年の作付割当会議が明日開かれます。

現在3年一巡で転作ブロックローテーションを実施しており、作付場所と面積が毎年変更になります。
耕作者は毎年自分の作付場所はどこになるのか心配でなりません。

圃場条件(1枚一町水田)も均平が取れている所もあれば、ぬかるみのある所など様々です。
誰でも一番条件の良いところで作付をしたいので揉めますが、こればかりはどうにもなりません。

但し、平成29年からは転作が廃止になるので、それまであと4年間辛抱ですが、こんどは米価が気になります…!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック