新しい農業政策。

1月30日
新たな米政策と経営所得安定対策説明会に参加。
民主党から自民党に政権が変わり、また農業政策・交付金の見直しが始まりました。
政権が変わるたびに振り回され、その都度対応に大変苦労をしてきました。

米の価格維持のため転作(減反)を推進し、それに励行してきましたが、今度は4年後に減反廃止、交付金は半額で4年後に廃止だそうです。

机上だけで政策・計画を立て、農家(生産者)の意見を聞く耳もない改革です。
このまま推移すると小規模農家は競争に負け、代々続いてきた農業は大規模農家又は企業へと引き継がれ、子孫へは農地も何も残らなくなる改革です。

画像

それでも我々は農地や安全な食(農薬漬け、遺伝子組み換え作物の無い)を求め、安心安全な生産を心がけ、これからも頑張らなきゃ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック